購入前必見

最近、詐欺のサイトが多いだそうです、正式のサイトと詐欺のサイトについて、分かれる方法があります

1、詐欺のサイトについて、商品の写真は別サイトから盗み取る場合が多いです、正式のサイトなら全部は実物を撮影して掲載しています、当サイトの商品をご覧ください、サイトの印が付いています。

2、詐欺のサイトなら、新品の掲載は遅いです、当サイトならできるだけ毎日も新品を掲載します。

3、詐欺のサイトなら、商品はかなり低価です、代金をもらって商品を発送しないとか雑な商品を発送します。当サイトならお客様の利益を守って最高の商品を発送します。

4、詐欺のサイトなら、代金をもらったら返信がなくなります。当サイトはどんなご質問ご迷惑も返事いたします。代金を確認してからすぐに連絡して、48時間以内で商品を発送します、発送してから荷物の追跡番号がサイトで掲載します。

ネットショッピングについて、必ずご注意ください。お気に入りの商品があったら、先にサイトまで連絡して確認してから入金する方かいいです。
 
 

URLは HTTPS になってる? 南京錠(鍵)マークはある?

下のページにアクセスした時、ブラウザの上部にあるアドレスバーに注目しよう!

  • ユーザー名とパスワードを入力してログイン・サインインするページ
  • 会員登録をしたり、発送先となる氏名や住所を入力するページ

Google Chrome、Mozilla Firefox、Internet ExplorerでショッピングサイトAmazon.co.jpにログインする? アドレスバーを見るとURLアドレスが「https://」となっていて南京錠マーク(鍵アイコン)が表示された!
Amazon.co.jp のログインページ にアクセスすると目印となるマークが!
(上から Chrome、Firefox、Internet Explorer)

このページが下に当てはまったら アウト です。

  • URLアドレスが 「https://」 ではなく 「http:// ~」 のまま変わらない
  • アドレスバーの 通販サイトの安全ポイント! ブラウザの南京錠(鍵)マーク 南京錠(鍵)マーク が見当たらない
安全の目印! 南京錠(鍵)マークの表示位置
Internet Explorer アドレスバーの右
Microsoft Edge アドレスバーの先頭
Google Chrome アドレスバーの先頭
Mozilla Firefox アドレスバーの先頭
Apple Safari アドレスバーの先頭

この目印はデータを暗号化して送受信してるよ、という意味です。名のある企業が運営する通販サイトであれば、プライバシーの保護とか安全性をアピールする目的で当たり前のようにやってます。

南京錠(鍵)マーク → 第三者機関の認証局へ申し込んで審査を通過してる証!

これができてないなら、管理してるのが{会社としての実態がなく数ヶ月ぐらいでトンズラする詐欺師}か{セキュリティ意識の低い運営者}のどっちかです。 ⇒ 詐欺通販サイトの可能性大!